外装デザイン 1986年にデビューした8000形「POLESTAR(ポールスター)」の後継車両として9000形10両1編成が完成。無塗装ステンレスを用い、先頭部は光によるリフレクション効果を取り入れた立体感あるデザインとしています。

Noise Control & Comfortable 静かさ・やすらぎ 騒音の低減と調色・調光可能なLED照明を導入

台車
台車(静かさ)[低騒音型駆動装置]
ボルスタレスモノリンク式空気ばね台車を採用。低騒音型駆動装置の歯車形状を見直し、乗り心地を高め、保守の効率化を図りました。
ブレーキ装置
ブレーキ装置(静かさ)
4系統(常用・非常・保安・ATC)のブレーキを備えた、全電気指令式電磁直通空気ブレーキ(電力回生優先ブレーキ付)を採用しました。1両に2台(台車単位)搭載し、ブレーキ力の演算を台車単位で行うことで、よりきめ細かなブレーキ制御が可能になりました。
電動空気圧縮機
電動空気圧縮機(静かさ)
三相交流誘導電動機 駆動スクリュー型1段圧縮装置]
低騒音タイプのスクリュー型電動空気圧縮機を採用し、アフタークーラを除湿装置と一体化することにより、艤装スペースを削減しました。
空調装置(静かさ)
高効率コンプレッサ、低騒音室外ファンの採用により小型低騒音化を実現しました。また、新機軸導入で従来の冷房装置より約15%の電力削減に繋がりました。
主電動機
空調装置
主電動機(静かさ・省エネ)
[永久磁石同期電動機]
全閉式永久磁石同期電動機の定格出力を170kWと高効率化することにより、消費エネルギーと騒音の低減を図りました。また回転子を抜くことなく軸受及びグリース交換が可能な構造になり、保守性も向上しました。

Energy Saving 省エネ 従来より25%以上の省エネルギーを達成

制御装置制御装置(省エネ)[VVVF インバータ制御装置]
主回路にはIGBTを採用し、スナバレスの2レベル方式のVVVFインバータ装置(ベクトル制御)を採用しています。さらに永久磁石同期電動機(PMSM)の採用に伴い、個別制御となっています。遮断器等は全て電磁駆動式とし、エアレス化による保守性の向上を図りました。
補助電源装置
補助電源装置(省エネ)
1編成に2台、IGBT静止型インバータ(容量190kVA)を搭載しています。また、出力をAC440Vとすることにより、電動空気圧縮機の起動回路の削減、艤装配線の軽量化を図りました。
前照灯
前照灯(省エネ)
LEDを採用することにより長寿命化を図りました。また、前照灯の位置を従来よりも高い位置に変更することで、視認性の向上を図りました。

Safety Design 安全性 車体台枠構造の強化や座席部への握り棒の設置

ステンレス構造の車体採用・車体構造の強化ステンレス構造の車体採用・車体構造の強化(安全性)
レーザー溶接工法の導入で、外板と補強材が連続溶接可能となり、従来のスポット溶接より強度向上を図りました。また、ステンレスを使用し外板の無塗装化することで、環境に配慮しました。

Barrier Free バリアフリー ホームとの段差を縮小や車いすスペースの充実

車外表示器
車外表示器 (バリアフリー・省エネ)
車外表示器はフルカラーLEDを採用し、省エネルギー性能が向上しました。
転落防止幌転落防止幌(バリアフリー)
8000形車両同様に9000形にも設置しています。車両連結部の隙間をなくすことで、お客様の安全を図りました。